ようこそ! 釧路教会へ 2018年12月14日(金) 03:58 JST

10月4日 「教会発展と礼拝発展」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2009年10月 5日(月) 14:40 JST
  • 投稿者:
    manager
10月2日は日本統一教会創立50周年記念日でした。1958年7月に西川宣教師が韓国から日本に入られ、その後、1959年10月2日に東京にあった雄鶏舎という時計屋の2階で最初の礼拝が行なわれ、その時はわずか4名の参加者だったそうですが、その日が創立記念日になっています。韓国でお父様が日本に西川先生を送りだされるときの内容も、今回のお父様の自叙伝の中に書かれています。

9月20日 「神様の真の愛を相続しましょう」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2009年9月20日(日) 23:30 JST
  • 投稿者:
    manager
映像にありましたように、9月15日お父様はアラスカに行かれ、10月14日の祝福式に向けて精誠を尽くされています。アラスカはベーリング海峡トンネルの入り口にもなりますね。アラスカやシベリアには石油、天然ガス、ダイヤモンドなどの莫大な地下資源が埋蔵されていると言われ、資源開発の可能性を秘めた地です。トンネルはその輸送手段になると同時に大陸をつなぎ世界を近くしていくパイプになります。

9月13日 「10.14祝福式の恩恵」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2009年9月14日(月) 18:35 JST
  • 投稿者:
    manager
8月31日はラスベガスで第21回八定式の行事が行なわれました。釧路からも代表で1人参加しました。お父様は8時間という長時間にわたって御言を語られました。堕落と淫乱の象徴のようなところでサタンの根っこを抜き地獄の底を救っていく時代を迎えたと言えます。9月5日~11日のラスベガスのツアーにも釧路から1人参加しました。今回は3回目のツアーでしたが初めて御父母様にお会いする場が持たれたそうで、その日がちょうど釧路から参加した方の誕生日だったりとか、その場所が以前お父様の夢を見たときの場所と同じだったりという証しもあり、神様の導きを感じました。

9月6日 「真の愛に従わん」(ビデオ)

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2009年9月 6日(日) 21:25 JST
  • 投稿者:
    manager

7月19日 文亨進世界会長の説教(ビデオ)

まず、『世界経典』の教えを共に見てみましょう。新約聖書のヨハネによる福音書15章13節にて、イエス様は“人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない”と語られました。仏教の華厳経23には、“私はすべての衆生を守り、決して見捨てることはしないと誓願し、自らのすべての心をただ他の衆生の解脱に置く”という内容が出てきます。イスラームの教えで、イブン・マージャのハディースには、“信じる者たちならば、生きていく中で苦痛と苦難に自ら直面することが、それを避けていくことよりもずっと価値のあることである”という内容があります。真のお父様は、“愛が位置をつかんで立つためには、本当に犠牲になり、尽くしてあげる立場を取らなければなりません。愛の背後にはいつでも犠牲が伴うのです。”(1972年9月11日)と教えてくださっています。

8月30日 「四大心情復帰の同時性」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2009年8月30日(日) 22:57 JST
  • 投稿者:
    manager
今日は選挙の日ですね。日本の国がどう動くかという大切な日です。今見たビデオにもありましたように国家の中心的ビジョンというものが必要ですし、そこには家庭を軸とした考え方が重要になってきます。

8月23日 「向い風と信仰的飛躍」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2009年8月23日(日) 21:30 JST
  • 投稿者:
    manager
最初に梶栗新会長のメッセージも見ていただきましたが、今日は全国の各教会において、「信教の自由を求める祈りの集会」が行なわれています。いつの時代も宗教というものは迫害されてきた歴史があります。キリスト教も最初はローマで激しい迫害を受けました。日本では織田信長の時代はキリスト教が受け入れられ多くのキリシタン大名が誕生しましたが、豊臣秀吉が弾圧し始めるようになり、秀吉の命令で日本で最初に処刑されたクリスチャンが有名な長崎での26聖人です。その中には12歳の少年もいましたが、棄教を説得されても応じませんでした。江戸時代もキリスト教に対する迫害は続きましたが、迫害者の目的はクリスチャンを殺すことではなく、あくまでも棄教させることでした。ゆえに簡単に殺すことはなく、棄教するまで陰湿かつ残酷な拷問をし続けていきました。統一教会信者に対する4000件を越える拉致監禁も、拷問まではしないまでも、棄教するまで監禁し続けるという点では同じことが行なわれています。この問題は解決しなければならない問題です。

8月16日 「真の御父母様の霊的な価値」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2009年8月16日(日) 23:20 JST
  • 投稿者:
    manager
今日はPeace TVで編集してくださった7月5日の釧路教域祝福式の映像を見ていただきましたが、御父母様が主礼をされた祝福式の映像と重ねて編集されていまして、あらためて霊的に御父母様が共にいらっしゃったんだということが実感できました。この映像がまた世界に発信されています。すごいですね。

8月9日 「世界平和は真の家庭から」(パネル展講演会)

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2009年8月 9日(日) 23:05 JST
  • 投稿者:
    manager
私たちは何処に向かっているのでしょうか。1つはっきりしていることは、確実に「死」に向かっているということです。いつかは誰もが死にます。言うなれば、すべての人が生まれた時点で「死刑宣告」を受けているということです。ただ死刑執行日がいつなのかはわかりません。

8月2日 「真の父母を誇り愛そう」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2009年8月 6日(木) 00:01 JST
  • 投稿者:
    manager
今日は、12年5か月もの間監禁され強制棄教を迫られたという驚くような映像を見ていただきました。期間は違えど同じような被害のケースが6000件以上あります。信仰を捨てずに出てきた人もいますし、離教した人もいますが、離教するしない以前の問題として完全な犯罪です。離教してもなお、PTSDという心的病いに苦しんでいる人も少なくありません。

7月26日 「神様の知恵と伝道の実り」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2009年7月26日(日) 23:50 JST
  • 投稿者:
    manager
先週は宋会長ご夫妻が釧路に来てくださました。釧路の地に日本の総会長が来られたのは初めてでありましたし、それも7月19日という特別な日にお迎えすることができました。釧路で90名、帯広からも31名が来られ、大人だけで121名が参加しました。入るかどうか心配しましたが大丈夫でした。新しい方も7名参加され、総会長からお花のプレゼントがありました。

リンク

全国UC聖歌隊掲示板

文鮮明師自叙伝『平和を愛する世界人として』

全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会

新着コメント情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

-

新着ファイル (14 日以内)

anarizer

アクセス解析

無料 アクセス解析太陽光発電