ようこそ! 釧路教会へ 2017年3月30日(木) 03:58 JST

毎週の聖日礼拝の説教要旨を掲載しています。感想・コメントなど、是非「コメント投稿」よりお待ちしています!

8月12日 「原理の本体と基元節」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2012年8月23日(木) 14:48 JST
  • 投稿者:
    manager

8月初めに総会長から次のような御言が語られました。

「重要なのは原理復興会である。人間の責任分担を果たして神様を完成させるんだ。神様をお父さん・お母さんに作るのは子供たちである。御父母様は神様を作って差し上げました。私は神様の一部である。無形の神様の聖殿となることが人間の責任分担である。しかしイエス様も神様の聖殿にはなれませんでした。それを真の御父母様が御聖婚を通して成されました。

1960年に最初の蘇生期の聖婚式が行われ、2003年に長生期の聖婚式が清平で行われました。そしていよいよ2013年の1月13日に完成期の聖婚式が行われます。これは同時に神様の結婚式となる訳です。その基元節を迎えるにあたって全祝福家庭の代表として3600名が天一国創建の蕩減条件を立てた、これが30日原理本体論の修練会です。」

7月8日 「アベル的な基台」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2012年7月13日(金) 13:51 JST
  • 投稿者:
    manager

私たちの教会の正式名称は「世界基督教統一神霊協会」です。少し長いですが、お父様は「神霊」がとても重要だと言われました。神霊と強く関わっている団体であり、神様を中心に霊界を正しく主管し動かすことができる団体です。

6月10日 「真の父母様との因縁」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2012年6月17日(日) 15:51 JST
  • 投稿者:
    manager

人間は本来神様とのみ1対1の親子関係でありましたが、堕落によってサタンとも偽りの親子の関係を結んでしまい、それによって中間位置に立つようになりました。神様は元々の創造主、サタンは血統という因縁を持っているので、それぞれに堕落人間を引っ張ることのできる言い分があります。では両者は何を持って人間を引っ張るのか?人間が神側に善の条件を立てたならば、神様は人間を神側に引っ張ることができますが、逆に悪の条件を立てた場合はサタン側に引っ張られていきます。神様もサタンも勝手には引っ張れません。人間がどのような条件を立てるか次第です。

5月20日 「蕩減条件と聖書」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2012年5月25日(金) 11:21 JST
  • 投稿者:
    manager

1967年6月18日にお父様が日本での原理大修練会の中で語られた御言の中に「蕩減条件と聖書」という内容があります。その中でお父様は、日本の社会状態や歴史的背景は仏教や神道の関わりが強いのでキリスト教に対しては隔たりがあるけれども、神様の復帰の公式というものは歴史の事実に基づいて蕩減していかなければならない。それは聖書を中心として始まっている。だから聖書を中心とした蕩減基準を持っていないと自分の生活が蕩減と何の関係もなくなってしまうということを語っておられます。世界に10億以上いるクリスチャンは聖書を中心として信仰生活をしています。そのクリスチャンたちは今まで心を尽くして信仰してきた基準があるので、神様の御旨を知ったならばその日から私たちが追いつけないような献身的な活動をする、神様はそういう人たちを準備してきたとも語られています。

5月13日 「天一国入籍の道」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2012年5月25日(金) 11:18 JST
  • 投稿者:
    manager
2013年1月13日の基元節をどのように迎えていかなければいけないのか。それはサタンの讒訴を一切受けない状態にしていかなければならないのです。サタンは罪に対して讒訴してきます。すなわち罪のない状態を作っていかなければならない。地上においても霊界においてもです。

1月15日 「人間の責任分担と選択権」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2012年1月17日(火) 11:38 JST
  • 投稿者:
    manager

神様は人間に責任分担を与えましたが、それは言い換えれば選択権を与えたということです。アダムエバの堕落も選択でした。私たちの生活も毎日が選択の連続です。今日はどの服を着ようか?メールが来たけど返信するかしないか?今日は礼拝に行こうか行かないか?それぞれの価値観を基準に選択しています。今日は何食べようか?まずくても安いものを食べる人、高くてもおいしいものを食べる人、金額に関わらず体に良いものを食べる人…。いろいろな価値観があります。

11月27日 「祝福のかけ橋」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2011年12月 3日(土) 20:38 JST
  • 投稿者:
    manager
11月20日、桜井元会長が聖和されましたが、お父様より昇華から聖和と名称変更が為され、日本での聖和式第1号となりました。お父様からは「祝親君王拝入国」との揮毫が与えられましたが、「神様の真の息子が王を拝して天国に入る」という意味であり、これは日本の聖和式第1号として日本に与えられた祝福でもあります。よって私たちもそのように生きなければならないということです。

11月13日 「動機の成長と減少感」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2011年11月20日(日) 00:13 JST
  • 投稿者:
    manager
今月のテーマは「悟り」と「高い動機を持つ」という内容です。「礼拝」を中心として「伝道」と「教育」の授受作用により「祝福」という結果が生まれてくるわけですが、「礼拝」というのは神様を中心とした「動機」を与えられる場です。その「動機」を中心として「精誠」と「実践」の授受作用により「結果」が生まれてきます。考えていることが結果に現れるのであって、考えてないことは実現の可能性0%です。世界で最初に飛行機を作り出す人は頭のいい人でも飛行機の知識に長けている人でもなく、世界で一番空を飛んでみたいと思っている人です。つまり動機が結果に現れます。

10月30日 「入籍の準備」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2011年11月 5日(土) 23:02 JST
  • 投稿者:
    manager
2012年1月28日の真の御父母様の御聖誕日に、御父母様の御聖婚式が行われる予定です。そのときに私たち祝福家庭も共に入籍していきます。そのために必要な基台として、まず原理本体論の修練会が行なわれています。これはエデンの園で堕落前のアダムとエバが親なる神様から教育を受ける内容に相当するものであります。そして自叙伝430冊の配布を通して真の御父母様を正しく証しする。また、八大教材教本を相続・訓読しサタン的生活習慣を分立して御言の実体になることが願われています。私たちはこれらのことを進めながら入籍の準備をしていかなければなりません。

10月16日 「霊的40%、御言30%、実践30%」

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2011年10月20日(木) 20:46 JST
  • 投稿者:
    manager
先日宋会長が北海道に来られ、稚内から函館まで北海道を縦断され、北海道を縦的に善悪分立してくださいました。信仰者にはアベル的信仰者とカイン的信仰者がいますが、宋会長は理屈抜きで常に神様を讃え感謝する超アベル的信仰者です。良いことがあればまず神様にお礼を言われます。今回も原理復興会の後お風呂に行かれ、お風呂の中で祈祷と億万歳をされました。周りの人はもしかしたら変に思ったかもしれませんが、そうすることで神様が喜ぶんだと宋会長は語られます。

リンク

全国UC聖歌隊掲示板

文鮮明師自叙伝『平和を愛する世界人として』

全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会

新着コメント情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

-

新着ファイル (14 日以内)

anarizer

アクセス解析

無料 アクセス解析太陽光発電