ようこそ! 釧路教会へ 2018年6月20日(水) 12:46 JST

四つ葉の不思議

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2008年5月15日(木) 18:17 JST
  • 投稿者:
    管理人

先日ミラノからHP宛に投稿して下さった方がいらっしゃいまして、メールで連絡をとらせていただきました。この方は四つ葉を探し写真を撮りながらタイトルとコメントをつけて素敵な作品にしていらっしゃる方で、とても感動的な芸術作品になっています。

(参照 http://www.uc-japan.org/culture/cal_creator.aspx?mi=%e9%b6%b4%e5%a4%a2 )

四つ葉はイタリアにもあるんだーと変に関心してしまいましたが、それほど派手でもなく色鮮やかでもない小さな「四つ葉」に、世界中の多くの人が惹きつけられあこがれを抱いています。花に興味がない人もどういうわけか四つ葉には興味を示します。国や宗教・人種の違いで争っていたとしても、人々が四つ葉にあこがれる気持ちは不思議と共通なんですね。

今日近くの公園に行ってみたら、四つ葉はなかったのですが、なんと五つ葉を発見しました。四つ葉は幸運、五つ葉は金運の象徴だそうです。

人類が神様の子供であるならば、何か共有できる本性を神様は人間に与えてくださっているのでしょうか。神様が創造された「四つ葉」の中に、神様の理想である四位基台があるのかもしれません…。

見えない運をつかむ

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2008年5月14日(水) 22:58 JST
  • 投稿者:
    管理人

先日の日曜日、麻雀大会に参加しました。透明牌を使った珍しい麻雀で、4枚の同じ牌のうち3枚が透明なので、裏からも見えるようになっています。でも全部は見えないので微妙にわかりません。とても不思議な感じで非常に疲れますが、自分の手牌も最初から見えてるので変に隠そうとする気持ちがなくなります。

麻雀は小手先のテクニックよりも運が勝敗を大きく左右します。いかに運をつかむかも重要なテクニックの一つと言えます。結局は手牌が見えていても運をつかんだ人があがってしまいます。見えてることや隠そうとすることに囚われてしまうと、いちばん大切な「運」を逃してしまいます。人生と似ているかもしれません。

麻雀をやると性格がよくわかります。もっと言えば、打ち方にその人の生き方が出ます。すがすがしいスピード感のある打ち方にはやはり運が向いてきます。「運」というのは目に見えませんが確かに動いています。見えない運をつかむというのは、まだ見ぬものを信じていく信仰の世界にも通じるのかなということを感じました…。

ところで…、下の写真のリーチ、待ちは何でしょう?

(コメントのほうに答えを投稿していただければ、解答をお答えいたします。)

超宗教…

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2008年5月12日(月) 20:46 JST
  • 投稿者:
    管理人

昨日教会に来てくださった元牧師先生が次のようなことを話してくださいました。

「以前、聖書を理論的に深く研究していた頃、結局イエス様が言わんとしていることが何かということがだんだん見えてきた。それは『神の国の建設』ということだった。しかし教会では十字架による個人の救いということを強調している。それで何故なのかということを先輩の牧師に質問したが納得のいく答えがもらえなかった。それで信仰の限界を感じ、所属していた教会をやめたんです。」

またこんなことも言われました。

「キリスト教や他の宗教でも良い教えはたくさんある。しかし自分の宗教が唯一であると言ってしまった瞬間、他は間違っているということを主張することになるので、永遠に世界は1つになれない。そこがいちばんの問題だ!」

顕進様も言われます。「統一教会は統一教会の枠から出ろ!他の宗教もそれぞれの宗教の枠を出ないといけない。」

互いの違いを理解しつつ、より高い次元で1つになっていかなければと感じました…。

「One Family Under God , Aju !」 ですね。

思いは現実をたぐり寄せる

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2008年5月11日(日) 21:39 JST
  • 投稿者:
    管理人

今日は、平和大使になっておられる元牧師の先生が教会に来てくださいました。

実はこの先生が以前おられた中標津にあるキリスト教会は1953年にアメリカから来た宣教師によって開拓されたのですが、その宣教師ご夫妻が中標津にいた時に生まれた息子さんがその後アメリカで統一教会に伝道され、祝福家庭として日本人の奥様と結婚されています。この元牧師先生も当時日本でとても親しくしていたその息子さんのことをずっと思っていらっしゃったそうで、ここのホームページがお二人の40数年の時を引き戻すきっかけとなりました。

思いは現実をたぐりよせるものなんですね…。

聖歌隊…

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
  • 2008年5月10日(土) 23:12 JST
  • 投稿者:
    管理人

今年の3月から新聖歌隊を結成し、礼拝で毎週讃美しています。婦人聖歌隊が「Tears」、壮年聖歌隊が「Bears」といいます。

選曲とギター伴奏とコーラスを私がやっているのですが、だいたい土曜日の夜に曲を決めて、ギターのアレンジを考えながら、コーラスパートの確認をします。そして当日の礼拝前にみんなで合わせて練習をします。ほぼぶっつけ本番のような感じなので完成度は低いのですが、評判は今のところいいです。メンバーも最初の4人から今7人まで増えてきました。先日は海外からもコメントをいただき、こちらが感動いたしました。毎週の音源がメニュー「聖歌隊」から聴けるようになっていますので、是非多くの皆様からのコメントをお待ちしています。

さて、明日の聖歌隊はどうなるかなー???

YAMAHA FGX-512SJ


リンク

全国UC聖歌隊掲示板

文鮮明師自叙伝『平和を愛する世界人として』

全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会

新着コメント情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

-

新着ファイル (14 日以内)

anarizer

アクセス解析

無料 アクセス解析太陽光発電