文鮮明師が聖和(逝去)

世界平和実現のため生涯を捧げてこられた世界基督教統一神霊協会(統一教会)創始者の文鮮明師が、天暦7月17日(陽暦9月3日)午前1時54分、入院先の韓国・京畿道加平郡の清心国際病院で、聖和(逝去)されました。数えで93歳 (満92歳)でした。

 

文師は7月に米国から韓国に戻られて以降、風邪により咳が続いていましたが、8月に入って体調が悪化。同3日にソウル市内の病院に入院し、風邪と肺炎による合併症の治療を受けておられました。

同12日に一時退院しましたが、翌13日に急激に体調が悪化して再入院され、危篤状態に。医師団の懸命な治療を受けられる中、同31日にソウル市内の病院から、清心国際病院に移っておられました。文師の夫人韓鶴子女史と子息ら家族が臨終を見守りました。

葬儀である「文鮮明 天地人真の父母天宙聖和式」は同教会の聖地である清心平和ワールドセンターで今月15日に挙行されます。弔問客は6日から13日までの8日間、同所で受け付けます。葬儀委員長は文師の7男で統一教会世界会長を務める文亨進師(33)が行います。

 

■ 礼拝堂に焼香所を設置

尚、釧路教会におきましては、4日から15日まで弔問を受け付けております。礼拝堂に焼香所を設置し、また『真のお父様の生涯最後の祈祷と追慕映像(11分)』を試聴できるようにしております。

一般の方々も含めて多くの方が弔問に来られますよう心よりお願い申し上げます。時間は午前10時から午後8時までになっています。

これからも多くの皆様のさらなるご指導、ご支援をお願い申し上げます。

世界基督統一神霊協会 釧路教会: 文鮮明師が聖和(逝去)
http://www.uc-kushiro.net/article.php?story=20120905102640507