ようこそ! 釧路教会へ 2018年11月21日(水) 09:00 JST

6月26日 「人生と家庭の座標軸」

  • 2011年6月27日(月) 20:26 JST
  • 投稿者:
    manager
統一原理とは旧約聖書、新約聖書の内容を土台として文先生が直接神様から啓示を受けて解かれた内容です。北海道の代表的なクリスチャンと言えば「氷点」や「塩狩峠」を書かれた三浦綾子さんがいらっしゃいますが、キリスト教の罪の原点である「原罪」というもの、そして「神の愛」をテーマにしています。多くの人が抱える悩みとして、夫婦問題、親子問題、嫁姑問題、病気の問題などがありますが、結論として「関係性」のことで悩んでいるケースがほとんどです。この関係性に関して統一原理では「授受作用」と言っていますが、人間同士の関係性、神様との関係性、万物との関係性、すなわち「愛の関わり方」ということです。

「人生と家庭の座標軸」についてですが、縦軸が原因であり宿命ということになります。そして横軸が結果であり運命ということになります。人間には心と体がありますが、動物や植物や鉱物も心のようなものと体からなっています。そして人間には男性と女性がありますが、動物もオス・メス、植物もオシベ・メシベからなっています。つまり神様の創造はすべてペアシステムで作られました。2つのものが合わさって1つになるのであり、そこには愛が必要になってきます。この愛の扱い方が運命に関わってきます。

私たちは父母が愛し合った結果体として生まれてきました。男の子がほしい、女の子がほしいと願っても自分で産み分けることができません。神様が命を与えるシステムを作ってくださったのです。家庭ごとだと男女の数が偏ったりしていますが、地球全体では66億の人口は男性33億、女性33億です。これは不思議なことであり、何か偉大な力が働いているということがわかります。私たちは愛の結果として自分を生んでくれた父母にまず感謝しなければなりません。そして父母の原因である祖父母や先祖に感謝し、第一原因、根本先祖である神様に感謝することが大切です。そのように私たちは父母、祖父母、先祖、神様を背負っています。これは変えることのできないものであり「宿命」です。そして先祖は良いこともしていれば悪いこともしています。運勢の良い人というのは、こういう自分が背負っているものをよく感謝する人です、逆に背負っている父母や先祖、神様を嫌う人、否定する人は運勢が悪くなっていきます。

人生には誕生、進学、就職、結婚、死という五つの大きな分岐点があります。先祖が生きた徳・不徳というものが私の人生に幸・不幸として現れてきます。広辞苑で調べると「運命」とは「人間の意志を超越して人に幸不幸を与える力、またその力によって巡ってくる幸不幸の巡りあわせ」となっています。この人間の意志を超越した幸不幸を与える力の事を統一原理では善神の業、悪神の業と言っています。善神とは自己を犠牲にして他の人の為に生きた先祖、善霊、天使のことであり、善神の業が働くと平和感、正義感が増進し健康になります。悪神とは自己の欲望を満たすため他人を利用した先祖、悪霊、サタンのことであり、悪神の業が働くと不安と恐怖と利己心が増進し不健康になります。

良い縁を持てば幸福の力が働き、悪い縁を持てば不幸の力が働きます。特に人生の五大分岐点で善神と悪神が強い引っ張りあいをします。中でも最も大切な縁が「結婚」です。結婚の縁は次の世代にまで連結されていきます。文先生も「結婚を通して歴史が生じ、ここから国が生じ、理想世界が始まるのです。」と語られています。そしてそこから生まれてくる子供は父母の愛の同参者であり父母の理想と一体であります。私には父母の愛の綱、生命の綱、理想の綱が連結されていて、それは神様も宇宙も切ることができません。すなわち「宇宙の根本は父子の関係」であるので、親子関係の良い人は宇宙の力が保護します。逆に父母を嫌うことは宇宙を破綻させる行為になります。父母や先祖、更には神様を自分の体のように思い、愛し、孝行することが人間において最高に価値あることであると文先生は言っておられます。また父母が離婚することは子供を刀で半分に切ることと同じであり、子供の存在する原因がなくなってしまうことになります。天法とは真の愛、真の生命、真の血統であり、天法を守ることは心身一体、夫婦一体、親子一体です。

結論として幸福な人生を送るためには、①過去の先祖の生き方を整理し精算する。②現在の私の人生を大切にし幸福な家庭を築く。③未来の子孫のために幸せの基台を作るということです。人間は関係性をもって存在しています。まず神様の愛と福を受ける人間となって、その愛と福を家族に周りの人に与えていくとすれば、それは神様の仕事をしているのと同じことであり、そういう人を神様は本当に喜びます。統一教会の教えの中心は神様の真の愛を相続するということなのです。

 

web拍手 by FC2
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。