教会内のインテリア

ここでは、教会内のインテリアを少しずつ紹介していきたいと思います。(と言ってもたいしたものではありませんが・・・。)忘れたころにアップしていくかもしれませんが、ご覧ください。

■ 説教台 拍手する

仏具屋さんからネット購入しました。演壇自体あまり広くないので、説教台も小さめです。足にタイヤがついているので、移動がとても楽です。というか、ちょっと押すとすぐ動くので、説教中なども少し力をかけると動きます。

 

■ 統一マーク 拍手する

礼拝堂の演壇のバックの壁の大理石のところに統一マークが貼り付けてあります。厚さ12mmの固めの発砲スチロールで表面だけゴールド(色)になってます。仮止めしていたときに落ちてしまい、左下の角がちょっと潰れています。(>_<)

 

■ 大理石  拍手する

礼拝堂の演壇のバックの壁に大理石が貼り付けてあります。韓国の本部教会を意識してみました。(実際とは全然違いますが・・・)400mm×300mmの大理石の板が18枚で、なんと材料費が1万円です。自分たちで貼り付けたので、制作費もかかってません。大理石の種類はビアンコで、石の模様は何となく繋がるようにうまく並べてみました。なかなか素敵なアクセントになっています。

 

■ 正面入り口のガレ風ランプ 拍手する

正面玄関から入った受付前のフロアの壁に棚がついているのですが、その上に青い花柄のガレ風ランプが置いてあります。ほんのりと暖かなやさしい光を与えてくれます。(高さ46cm)

 

■ 受付のステンドランプ 拍手する

受付に置いてあるステンドランプです。高さは39cm、ブルー系で、中央のベル型ランプは魚の模様になっており、ライトも点きます。ちょっとクールなかわいらしいデザインです。ちなみにネットで1500円でした。

世界基督統一神霊協会 釧路教会: 教会内のインテリア
http://www.uc-kushiro.net/article.php?story=20090619185422445