入門コラム①「人生の三大疑問」

 ←クリック(応援)お願いします

私たち人間はどこに向かって生きているのでしょう?1つはっきり言えることは、確実に「死」に向かっているということです。200年前に生きていた人の中で、今も生きている人は1人もいません。今生きている人の中で、200年後も生きているという人もいません。 人間は必ず死にます。それはすべての人が生まれた時点で「死刑宣告」を受けているということになります。ただ、いつ死ぬかということについてはわかりませんが、ひとりひとりが、ある時代に生まれて、ある期間を生きて、あるとき死んでいきます。

では、「人間はどこから生まれ、何のために生き、死んだらどうなるのか?」

この人生の三大疑問について大昔から様々な人が様々な考えをもってきましたが、誰もが納得し理解することのできる明確な解答というものはなかったように思います。

例えばの話しですが、ある日、気がついたらバスに乗っていたとしましょう。当然どこから乗ったかもわからない、何のために乗っているのかもわからない、どこに向かっているのか、どこで降りればよいのかもわからない…、ただバスは走っている。これはとても不安な状態ですね。実は人間は一度きりの自分の人生という最も大切な問題に対して、この3つの疑問が1つもはっきりしていないケースが多いのです。普段はそんなこと深刻に考えずに過ごしていることが多いかもしれませんが、まさに「人生」という不安なバスに乗っている、とても不安定な状態の中で毎日を生きているのかもしれません。

 

 入門コラム②「人間は生かされている」

 

拍手する

世界基督統一神霊協会 釧路教会: 入門コラム①「人生の三大疑問」
http://www.uc-kushiro.net/article.php?story=20090317210511224