ようこそ! 釧路教会へ 2018年2月22日(木) 10:11 JST

脱会説得者6名を書類送検

  • 2009年2月16日(月) 18:09 JST
  • 投稿者:
    管理人

統一教会信者に対する拉致監禁による強制改宗が、反対牧師や脱会屋と呼ばれる人たちによって行なわれてきましたが、ルポライターの米本和広さんは著書「我らの不快な隣人」を通して強制説得の実態を暴いています。読んでみると人間とは思えないひどい実態が書かれています。

今月3日、荻窪警察署は脱会説得者、宮村峻および、松永堡智牧師ら6人を東京地検に書類送検しました。この件については、米本さんのブログでも取り上げられています。(下記参照)

米本さんは「我らの不快な隣人」を書いてから、水面下で様々な批判を浴びるようになったそうですが、この著作の内容が今回の脱会説得者らの書類送検という結果に大きく影響を与えたそうです。

脱会説得者の宮村峻氏など6名を書類送検-統一教会員を12年監禁した容疑で 

拍手する

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.uc-kushiro.net/trackback.php?id=20090216200949759
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。