ようこそ! 釧路教会へ 2018年12月17日(月) 02:53 JST

大きな古時計…

  • 2009年1月25日(日) 14:11 JST
  • 投稿者:
    管理人

今日は礼拝の聖歌隊で「大きな古時計」を歌いました。

この歌は実話に基づいて作られています。イギリスにホテルを経営するある兄弟がいて、兄が生まれた日に購入された2mを越える大きな柱時計がそのホテルに置いてありました。この時計は正確さには定評があり、宿泊客たちにはとても役にたっていたそうです。ところがその兄弟の弟の方が先に病で亡くなり、それから今まで正確だった時計が急に遅れはじめました。それから1年以上経ったある日、今度は後を追うように兄が亡くなり、ちょうどその日の兄が亡くなった時刻「11:05」で時計が止まっていたのです。その数年後、たまたまこのホテルを訪れたアメリカの作曲家ヘンリー・ワークがその話に感動して1874年にこの歌を作りました。今でもその時計はあるそうです。英語の原曲の歌詞では「♪ 90年休まずに~」になっていますが、日本語歌詞に訳すときに語呂を合わせるのに「♪ 100年休まずに~」と訳されたそうです。

今回はちょうどお父様の90歳の御聖誕日にぴったりということで、「おじいさん」を「お父様」に替えてみました。「今はもう動かない」は「今もそう、動いてる」に、「天国へ昇るおじいさん」は「天国をつくるお父様」になっています。どうぞお聴きください。

お父様と共に、子供である私たちが早く天国を作ってお父様を解放してあげなければなりませんね。ギャラリーの方に歌詞カード(コード譜)もアップしています。

拍手する

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.uc-kushiro.net/trackback.php?id=20090125141130499
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。