赤とんぼ…

先日の礼拝の聖歌隊で「赤とんぼ」を歌ったのですが、そのあとコメントをいただきまして、この「赤とんぼ」の作者である三木露風さんが1964年の12月21日に交通事故に遭われ29日に亡くなられているということを知りました。先日の礼拝がちょうど12月21日でありまして、命日ではありませんでしたが、ちょうど44年前の事故に遭われた日に讃美していたということで、とても驚きました。

この曲は日本を代表する童謡でありますが、1921年に作られ、翌1922年に作者は北海道で洗礼を受けてクリスチャンになっています。文先生もこの歌を好んで歌っていらっしゃいますが、文先生がお生まれになった翌年に作られていたんですね。誰もが懐かしい幼い頃の故郷の思い出を偲ぶことのできる名曲だと思います。

考えてみれば、秋でもないのに季節はずれだったかもしれませんが、ふとこの歌を歌うことになりまして、もしかしたら何か霊界からの働きかけがあったのかもしれません。

拍手する

 

無料 アクセス解析インプラント
世界基督統一神霊協会 釧路教会: 赤とんぼ…
http://www.uc-kushiro.net/article.php?story=20081226182853369