天一国創建平和和合統一還元祈願礼式

7月31日、帯広・弥勒の郷(清水町)におきまして、東北海道教区主催の「天一国創建平和和合統一還元祈願礼式」が行なわれました。この日は、今から132年前の1976年7月31日、クラーク博士が北海道に到着された日でもあります。

天華碑の前には、真心を込めて作られた供え物が捧げられた祭壇がつくられ、天聖経や告天文の奉読など、厳かな雰囲気の中で礼式が進められていきました。今回は、五大聖人、川瀬教母様、アイヌ民族、北海道開拓者37柱、韓国人強制連行、従軍慰安婦、明治維新44名、クラーク博士、キリスト教宣教師など、北海道の地で犠牲になられた方々や開拓のためにご苦労された方々の前に精誠を捧げていきました。

天候にも恵まれ、天から祝福される雰囲気の中、無事礼式が行なわれまして、今後さらに地上と霊界が天の御旨を中心に1つとなって出発する貴い場となりました。

 

 

無料 アクセス解析インプラント
世界基督統一神霊協会 釧路教会: 天一国創建平和和合統一還元祈願礼式
http://www.uc-kushiro.net/article.php?story=20080731214332574