思いは現実をたぐり寄せる

今日は、平和大使になっておられる元牧師の先生が教会に来てくださいました。

実はこの先生が以前おられた中標津にあるキリスト教会は1953年にアメリカから来た宣教師によって開拓されたのですが、その宣教師ご夫妻が中標津にいた時に生まれた息子さんがその後アメリカで統一教会に伝道され、祝福家庭として日本人の奥様と結婚されています。この元牧師先生も当時日本でとても親しくしていたその息子さんのことをずっと思っていらっしゃったそうで、ここのホームページがお二人の40数年の時を引き戻すきっかけとなりました。

思いは現実をたぐりよせるものなんですね…。

世界基督統一神霊協会 釧路教会: 思いは現実をたぐり寄せる
http://www.uc-kushiro.net/article.php?story=20080512113023496