ようこそ! 釧路教会へ 2021年12月 9日(木) 06:55 JST

4月6日 「祖国光復のとき」

  • 2008年4月 6日(日) 21:57 JST
  • 投稿者:
    管理人
今、韓国では、離婚率の増加などによる家庭破綻や凶悪犯罪の増加などで社会が恐怖と不安ですさみ始めている中、日々神様のメッセージが国民に訴えられ、非常に希望的な雰囲気になっています。いよいよ本格的な祖国光復のときが近づいてきました。

先日、沈サモニムが言われましたように、2012年まで私たち全員が篤志家になっていかなければなりません。私たちは内的な篤志家です。内的な篤志家が増えていけば外的な篤志家が現れてきます。自分の故郷や、自分が住んでいる街のことを自分で悪く言う人がたまにいらっしゃいますが、そういうのは本当に良くないです。そういう人はその人自身が良い人生を生きていない人です。責任者は人事でいろんな地域に行きますが、私は行ったさきの地のことを悪く言ったことは一度もありません。私たちは天一国主人ですから、自分たちの住んでいる街を自分たちで良くしていかなければなりません。御父母様の祖国光復、天一国創建の摂理に相対して、私たちの地域に天一国を創っていかなければなりません。

3月23日の韓国での孝進様の追慕礼拝の中で、ヨナ様が次のように語られました。「悲しまないでください。悲しみに沈むと人は自分の世界に落ち込んでしまって、這い上がるのが難しいのです。真の御父母様や真の御子女様を見ていて何が一番違うかと言うと、ある出来事から立ち上がるのがとても早いということを感じます。そして孝進様を一番の親不孝者にして欲しいのです。兄として弟、妹に望むことは、まさにそれです。真の愛は自分よりももっと成長して大きくなってくれることを願うのであって、だから孝進様はご自分よりも私達がもっともっと親孝行者になることを…。御父母様が、何だ、孝進が一番の親孝行者だと思っていたのに、実は孝進は一番の親不孝者だな…とおっしゃれるようになることを望んでいらっしゃるのです。」

私たちは孝進様の遺志を受け継いで、孝進様を一番の親不孝者にできるよう頑張っていかなければなりません。2008年3月を、ひとりひとりの個人の信仰路程にとっても忘れることのできない新しい出発のときとし、私と孝進様との因縁をしっかり結んで、具体的に何か一つでも変わっていきましょう。

表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。

  • 4月6日 聖日礼拝 「祖国光復のとき」
  • 投稿者:??蚊?鴻??????若? on 2008年4月 7日(月) 00:39 JST
こんにちは釧路の皆さん^^10数年前のむかしそちらにいました今はどうなっているでしょうね~懐かしく思い投稿しました。いそがわ
  • 4月6日 聖日礼拝 「祖国光復のとき」
  • 投稿者:管理人 on 2008年4月 7日(月) 06:54 JST

コメントありがとうございます。お久しぶりです。早出です。2月から釧路に人事になりまして、15年ぶりに戻ってきました。知ってる人半分、知らない人半分くらいでしょうか…。

是非、またHP見にきていただいてコメントお願いします。